×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ナールス ユニバの効果「その根拠とは!?」

京都大学科学研究所と大阪市立大学大学院の共同で見いだされた科学的根拠に基づいた化粧品です。

時間をかけた安全性・安定性の検査では、細胞、動物、人レベルの全てをクリアーしています。

京都大学の平竹教授が発見した「ナールスゲン」を何とか役に立てないかと研究し商品化したのが「ナールス ユニバ」です。

ナールス ユニバは3年間の研究・開発で生まれた!

京都大学科学研究所の平竹教授が2005年にアミノ酸化合物を発見しました。2009年に大阪市大との共同研究の結果、そのアミノ酸化合物を「ナールスゲン」と名付けました。

ナールスゲンは美肌効果があり肌にかけるとコラーゲンがバーンと増えたのです。

ナールス ユニバは、平竹教授が製薬会社の経験者である京大OBに製品化を要請し、やっとできた科学的根拠に基づく製品なのです。

ナールス ユニバの成分は!? 何が入っているの?

【全成分】水,グリセリン,BG,トリエチルヘキサノイン,ペンチレングリコール,エチルヘキサン酸セチル,ジグリセリン,ベタイン,シア脂,テトラヘキシルデカン酸,カルボキシメチルフェニルアミノカルボキシプロピルホスホン酸メチル,グルコシルヘスペリジン,レチノイン酸トコフェリル,ビサボロール,セラミドNP,セラミド2,セラミドAP,フィトスフィンゴシン,ベヘニルアルコール,ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10,ステアロイルラクチレートNa,トレハロース,水添レシチン,リゾレシチン,スクワラン,ラウロイルグルタミン酸ジ(コレステリル/ベヘニル/オクチルドデシル),トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル,ダマスクバラ花水,グリチルレチン酸,グリチルレチン酸ステアリル,ヒノキチオール,アラントイン,カルボマー,(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30)クロスポリマー,トコフェロール,水酸化Na,ペンテト酸5Na,1,2-ヘキサンジオール

このページは、ナールス ユニバの口コミ、安全性、製造元、成分、使い方、効果などを詳しくご紹介する情報サイトです。楽天やアマゾンよりお得に買う方法もご紹介しています。是非、ごゆっくりご覧ください。